校長あいさつ

 

中村小学校の第一の特長は、校庭のほとんどが芝生であることです。
 雨の後や雪の後でも、校庭に出て遊ぶことができることです。
 学校の周りの木々や校庭の芝生の緑に囲まれ、素晴らしい環境のなかで、中村小学校の子供たちは、校庭の芝生のように、地面に根を張って、心身ともに強く、たくましく、粘り強く、そして優しくなることをめざして、友達と元気よく過ごしています。
 本校の教育目標は、

 
○よく考える子ども
○さいごまでやり抜く子ども
○明るく元気な子ども
◎なかよく助け合う子ども

の4つです。
 校章は、三枚の柏の葉とペンがデザインされていて、知、徳、体のバランスがとれ、人として安定した成長を願う思いを象徴しています。
 中村小学校の子供たち一人一人が、それぞれの輝きをみせ、「憧れと思いやりの心」を大きく膨らませて、なかよく協力しながら成長するよう、教職員一同、取り組んでいます。

平成30年4月 練馬区立中村小学校長  井上 靖