学校長挨拶

南が丘小学校は、子供たちや教職員をはじめ、地域や保護者の方々からも、親しみを込めて「がお小」と呼ばれます。欅(けやき)は、がお小の象徴です。校章も欅の葉をデザインしたものです。欅の木が、真っ直ぐ高く伸びるように、がお小の子供たちも、素直で正直な心を持ち、社会に貢献しようとする高い志をもった人に育ってもらいたいという願いが込められています。
 本校の教育目標は、「けやきの子 かしこく やさしく たくましく」です。その実現のため、本年度は、次の3つを重点目標に掲げました。

 1.自分から進んで、元気にあいさつができる児童を育てる。
 2.読書の楽しさを知り、本をたくさん読む児童を増やす。
 3.外遊びの励行や取り組みを工夫して、体力の向上を図る。

  3つとも目新しいものではありませんが、いずれも社会生活を営む上での基本であり、充実した人生を送るために必要となる習慣や力です。様々に取り組みを工夫して、目標を達成できるように挑戦していきます。
 子供たちが、学力を向上させ、豊かな心を育んでいくためには、他者に認められ、大切にされ、自信をもって学習や諸活動に取り組んでいくことが欠かせません。そのために、全ての教育活動の基本に「教師が児童を認め 励まし 褒める指導を徹底する」を、私を含め、教職員の実践目標としました。肝に銘じていきたいと思います。

校長先生画像