インフルエンザが流行しています。手洗い・うがいの励行と栄養・睡眠を十分にとることを継続し、ウィルスに負けない体作りを心がけましょう。

2月25日 最後にどんな目を入れるか

画像1 画像1
 いよいよ今週の金曜日から3月になります。3月3日は、桃の節句、ひな祭りです。みなさんのおうちでもおひな様を飾ってあるところもあるでしょう。今日は、そのおひな様に関係するお話です。
 以前、埼玉にある人形屋さんに社会科見学に行ったときの話です。その時に聞いた職人さんの言葉が今でも心に残っています。それは、「最後にどんな目を入れるか」という話です。
 人形屋さんには、だんだんにおひな様が作られていく工程が展示されていました。半年から1年くらいの時間をかけておひな様が作られていきます。
 体を作る人、手足を作る人、着物を作る人。そして、作った着物を着せる人。頭を作る人、その頭に髪の毛を植える人、その髪の毛をきれいに結って冠を付ける人。そして、体と手足と頭をくみたてる人。というように、様々な工程を多くの人の手を経て、おひな様が完成に近づき、最後に顔を仕上げる職人さんにおひな様が渡ります。
 その時、最後の仕上げの「目」を入れる作業をする職人さん
の言葉が、「最後にどんな目を入れるか」でした。
 「体もでき、着物も着せて、きれいな顔に仕上がって、後は目を入れるだけ。この時が一番緊張します。目の入れ方でこれまでのたくさんの人の努力や仕事の値打ちが決まってしまうのです。良い目が入らないと、たくさんの人間が半年という時をかけて作った仕事が全部台無しになってしまうのです。心を落ち着け、素直な気持ちで一気に目を入れます。『最後にどんな目を入れるか』ということがその人形に命を吹き込むのです。」
 このように、「最後の仕上げ」が、それまでのたくさんの努力を活かしたり、すべてを台無しにしたりするのですね。
 みなさんの平成30年度は、どんな年でしたか。最後の仕上げに、どんな目を入れて、どんな1年に仕上げますか。
 今年度もあと残り4週間、いよいよ最後の仕上げの時です。
 残りの4週間、心を込めて、最後の仕上げをして、平成30年度をすばらしい年に仕上げましょう。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ

学校だより

給食だより

献立表

行事予定表

学校経営方針

学力向上計画

学力調査結果