インフルエンザが流行しています。手洗い・うがいの励行と栄養・睡眠を十分にとることを継続し、ウィルスに負けない体作りを心がけましょう。

3月4日 「幸」せの一本の横画になる

画像1 画像1
 この1年間、校長先生は月曜の全校朝会でいろいろなお話をしてきました。その根本にあるものは、みなさんがいつも笑顔をかがやかせて、幸せになってほしいという思いです。
 今日は、みなさんの中にも知っている人がいると思いますが、花の絵や詩の本などを書かれている星野富弘さんという人を通して話をしたいと思います。
 
 星野富弘さんは、大学を卒業後、中学校の体育の先生になりました。2ヶ月が過ぎたある日、星野さんは器械体操の指導中、誤って頭から落下する大怪我をし、首から下を全く動かすことができなくなってしまいます。これにより、自分の身の回りのことを自分の手で行う術を失い、食事も着替えも移動も、日常生活のすべての面で他の人の手を借りなければ生きていけなくなってしまいます。星野さんは、生きている意味を失ったと絶望し、死にたいと考えたことが何度もあったそうです。
 そんな時、ある人の「横向きの姿勢で字を書いたらどうでしょう。」という一言が、星野さんのその後の人生を大きく変えることになったのです。ベッドに寝たまま横向きの姿勢で、ガーゼを巻いたサインペンを口にくわえ、スケッチブックにはじめて書いたのがカタカナの「ア」の字だったそうです。しかし、口で字を書くということは、目が回り、首が疲れ、想像以上に大変でした。でも、ただただ、自分でできることがうれしくて、うれしくて仕方がなく、書き続けたそうです。それ以後、お母さんや周りの人たちの献身的な支えのもと、優しさあふれる花の絵を描き、心に響く詩を書き、そしてそれが本となり、多くの人々に感動を与えることになりました。今度は、星野さんによって、多くの人たちが生きる力を与えられたのです。
 
 星野さんの書かれた『速さのちがう時計』という本の中に、
「辛い という字がある もう少しで 幸せ になれそうな字である」
という言葉があります。
 「辛」いという字と「幸」せという字は、本当によく似ています。「辛」いの字に、横画がたった一本増えただけで、「幸」せの字のようになります。
 みなさんも、今後、たくさんの辛いことに出会うと思います。その時は、ぜひ、この言葉「辛い という字がある もう少しで 幸せ になれそうな字である」を思い出してください。人間は一人ではありません。お互いに支え合って生きているのが人間です。あなたが辛い時には、きっと誰かが支えてくれると思います。辛くて倒れそうな人がいたら、あなたが「幸」せの一本の横画になり、支えてあげてください。きっと幸せの灯が見えてくることでしょう。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ

学校だより

給食だより

献立表

行事予定表

学校経営方針

学力向上計画

学力調査結果