インフルエンザが流行しています。手洗い・うがいの励行と栄養・睡眠を十分にとることを継続し、ウィルスに負けない体作りを心がけましょう。

3月11日 歌でつなごう! 3.11

画像1 画像1
 今日、3月11日は、東日本大震災が起こった日です。ちょうど丸8年が経ちます。東日本大震災では、1万5千人を超えるたくさんの方々が亡くなられました。まだ行方不明の方々もいます。震災から8年経ちましたが、まだまだ被災地では、仮設住宅で暮らしている方々もいらっしゃったり、お店が再開されなかったりしています。でもそんな中でも、たくさんの人たちが被災地で、悲しみや苦しみに負けず、がんばって立ち上がり、復興が少しずつ進んできました。これからも、心から応援していきたいと思います。
 さて、みなさんは東日本大震災が起こった日のことを覚えているでしょうか?平成23年3月11日午後2時46分。みなさんは小さかったので、覚えていない人が多いのではないでしょうか?1年生・2年生は、まだ生まれていない人もいるのですね。
 校長先生は、今でもあの時の大きな揺れは覚えていて、思い出すとドキドキします。きっと、あの地震やその後起こった津波で、家族を亡くしたり、家を無くしたりした人たちは、とっても恐ろしくて、悲しくて、不安だったと思います。そんな時、周りの人たちからの励ましの声は、きっと大きな力になったことでしょう。励ましの声だけでなく、大震災直後から何年も復興を支援し、応援する歌がたくさんできました。たくさんの応援ソングの中で、校長先生が今でも心に残っている歌があります。聞いてください。(音楽)
 今、聞いてもらったのは、嵐の「ふるさと」という歌です。この歌は、平成24年NHKの音楽番組「歌でつなごう〜被災者のみなさんへ〜」で歌われ、翌年の平成25年NHK全国学校音楽コンクール小学校の部の課題曲になり大きく広まりました。励ましの言葉は傷つき弱った心には、大きなエネルギーになりますが、その言葉にメロディーを乗せて歌うと言葉以上のエネルギー、パワーになり、奥深くにじわーっとしみ通っていきます。歌の力は、思っている以上に大きいのです。
 みなさんもこれから、もしかすると深い絶望感に襲われることに出会うことがあるかもしれません。それを克服するのは、大変なことだと思います。でも、校長先生は今までたくさんの被災地の方々の話を聞いて、人間には辛いことを乗り越えていく潜在的な強い力があるということを感じました。そして、その力を呼び起こしていくために、歌が大きな力となって働くことがあると思いました。
 今も震災の中から立ち上がろうと強い思いをもって頑張っている被災地の方々のように、私たちもどんなときもあきらめずに強く生きていきたいものです。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ

学校だより

給食だより

献立表

行事予定表

学校経営方針

学力向上計画

学力調査結果