1月12日の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
今日の給食

○七穀ごはん
○松風焼き
○とうふと わかめのすまし汁
○紅白なます
○牛乳

 1月15日は、小正月です。それにちなんで、今日は七穀ごはんにしました。
 小正月とは、正月の終わりの日で、平安時代には、宮中で米、アワ、キビ、ヒエ、みの、ゴマ、アズキの7種の穀物で作った「七種粥」を、一般の人たちは、米と小豆だけを入れた「小豆粥」を食べていたそうです。そのため、今でも小正月の朝には、一年中病気をしないようにと小豆粥を食べる風習があります。
 今日給食では、みのの代わりに、大麦を入れてごはんを炊きました。プチプチとした食感が楽しいごはんです。
 松風焼きは、挽肉にねぎやにんじんなどの野菜を混ぜて、給食室の大きな鉄板に広げて焼きました。とても大きな鉄板なので1枚の鉄板で50人分を作る事ができます。


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31