★★ <学校教育目標> 自立した人 誠実な人 貢献する人 ★★

限りなく皆既に近い月食

11月19日(金)は部分月食です。
月食は太陽と地球と月が一列に並び、月が地球の影に入ることによって起こります。一晩のうちに満月が姿を変えます。月食には地球の影に月がすべて隠れてしまう「皆既月食」と、一部が隠れる「部分月食」があります。今回は「部分月食」ですが、月の約98%か地球の影に隠れてます。ですので「ほとんど皆着月食」ですとか「ほぼ皆既月食」「とても深い部分月食」などと言われています。
月食の始まりは、16時18分ごろ。東京の月の出は16時27分ごろですので満月は少し欠けた状態で昇ります。食の最大が18時2分ごろ。すごく細い三日月のような満月を見ることができます。その後、月はだんだん太くなっていき、19時47分ごろ元の姿へ戻ります。
今回の月食は欠ける部分がとても大きいので、食の最大の時に皆既月食の時のように月が赤っぽく見えるそうです。また月の近くには、おうし座のプレアデス星団(すばる)やアルデバランが見えます。月が欠けて空が暗くなるので、それらの星々がとてもきれいに見えることでしょう。おうし座流星群も活動期なので、もしかすると流れ星も見ることができるかもしれません。
秋は空気が澄み、月や星がよく見えるます。しかも冬ほど寒くないので天体観測をしやすい季節です。お時間があるようでしたら日没直後の東の空を眺めてみてください。とても素敵な天体ショーを見ることができます。

【写真】校庭の柿

画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

学校だより

証明書

授業改善プラン

学力向上計画

PTA