★★★ ようこそ 開進一中へ 自立した人 誠実な人 貢献する人 ★★★

12月22日は冬至です

12月22日水曜日は冬至です。1年の中で一番昼の時間が短い日です。暦の上では冬の真ん中で寒さも厳しくなってきました。
冬至の日にはかぼちゃやあずきを食べたり、ゆず湯に入るという風習があります。かぼちゃは別名「なんきん」。「ん」がつく食べ物をたべると「運」をたくさん取り込むことができるといわれています。
あずきの赤色は魔よけの色で邪気を払う食べ物といわれています。
ゆず湯はゆず→「融通(ゆうずう)」、冬至→「湯治(とうじ)」という語呂合わせという説もありますが、ゆず湯に入ることで血行を良くし、体を芯からぽかぽか温まります。またゆずのビタミンでお肌がつるつるになるそうです。
寒い冬を元気に過ごすための、知恵がいっぱい詰まった風習ですね。

さて、今日の給食のメニューは「冬至カレー」。幸運と栄養がたっぷりのかぼちゃがはいっています。「ゆかりゆず大根」にはお肌つるつる効果のゆずが使われています。魔よけのあずきは、明日の給食の「あんパン」で使われていますね。
かぼちゃとあずきとゆずで冬を元気に楽しく過ごしましょう。

【本日の給食】
うこん入り玄米ご飯、冬至カレー、わかめスープ、ゆかりゆず大根

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31