★★★ ようこそ 開進一中へ 自立した人 誠実な人 貢献する人 ★★★

鏡開き

1月8日土曜日は3学期始業式が行われ、1月11日火曜日から給食も始まり日常生活が戻ってきました。冬休みはクリスマス、大晦日、お正月と楽しいイベントがたくさんでしたが、みなさんはゆっくり休めましたか?
年が改まり何か新しいことを始めようと決意した人、今まで学んだことをさらに磨きをかけようと目標を立てた人、新学期の準備をしっかりしてきた人などいろいろな思いで新年を迎えたと思います。2022年も元気で明るくがんばってください。
さて、今日1月11日は鏡開きです。
鏡開きというのはお正月飾りの鏡餅を飾り棚からおろし、開いて食べるという行事です。鏡餅にはお正月の間、年神様が宿ると考えられています。年神様の力がこもったお餅を食べて家族の無病息災を願います。神様がいらした鏡餅に刃物を当てるのは失礼になるので包丁を使わず、木槌でたたいて小さくします。また「切る」「割る」という言葉は縁起が良くないので末広がりという意味で「開く」という言葉を使います。

3学期最初の給食は七草ごはんと紅白しるこです。
春の七草は松の内(お正月の期間)の最後の朝(1月7日)、おかゆにして食べると1年間病気にならないといわれています。また、鏡開きのお餅はおしるこにして食べます。早春の七草と年神様のパワーがこもったメニュー。しかもお餅は紅白。3学期のスタートにピッタリたりですね。

【本日の給食】
七草ごはん、ひじき入り厚焼きたまご、紅白しるこ

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31