★★<教育目標> 自立した人 誠実な人 貢献する人★★

大地のおくりもの

給食室の壁と、渡り廊下に掲示されている山菜を、みなさんはご覧になりましたか?フキノトウ、タラの芽、ゼンマイ、コゴミ、ワラビ、山フキ、山ウド、ヒメタケ。これらは今日の給食に出た、かき揚げに使われた山菜たちです。みなさんに食べたものをよく知ってもらうため、栄養士の町野先生が準備してくれました。
山菜は山に自生した、食べることができる植物のことです。日本では昔から野菜の代わりとして食べられてきました。野菜売り場に置いてある畑で作られた野菜とちがい、強いアクがあり、独自の風味や苦みがあります。
人の手が加わらず、太陽の光と大地の力を蓄えた山菜は、大地のおくりものです。

【本日の献立】
・生揚げのみそ汁
・山菜のかき揚げおろしつゆ
・麦ごはん
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31