視覚障害者体験・ゴールボール体験

オリンピック・パラリンピック教育(通称オリパラ教育)が東京都内の公立の小中学校で平成28年度から行われています。この教育の目的は「子どもたち一人ひとりの心と体に、人生の糧となるかけがえのないレガシー(legacy:有益な遺産)を形成する」ことが目的です。平成28年度から4つのテーマ(オリンピック・パラリンピックの精神、スポーツ、文化、環境)と4つのアクション(学ぶ、観る、する、支える)を組み合わせた多様の取り組みが全校で行われています。また、重点的に育成すべき5つの資質として、ボランティアマインド、障害者理解、スポーツ志向、日本人としての自覚と誇り、豊かな国際感覚の5つが挙げられています。
 本校では保健体育の時間に、今週、視覚障害者体験とゴールボール体験が行われました。この体験のサポートをしてくださったのは、学生が作るボランティア団体SPWの5人。手際よく、生徒たちをリードしてくれました。
 授業終了後、生徒からは「視覚障害者向けに作られたスポーツから、こんなに楽しいスポーツが生まれるとは思わなかった。」(ゴールボールを体験した生徒)、「下りの階段が怖かった。」(アイマスクをして校内を歩いた生徒)、などの感想が寄せられました。
この体験学習をきっかけに、思いやりの気持ちをもって人と接するとともに、家族などの支えや多くの人々の善意により日々の生活や現在の自分があることに感謝し、進んでそれに応え、人間愛の精神を深められれば素晴らしいです。
<写真上>ボランティアの学生さんのユニフォームの背中に書かれた団体の正式名称。本校の保健体育科の先生が学生時代に所属していた団体です。略称はSPW。真面目に分かりやすく生徒に教えてくれました。
<写真中>パラリンピックスポーツ体験:ボールの中から鈴が鳴るボールで競技をするゴールボールを体験するアイマスクをした生徒たち。ボールから出る鈴の音からボールの位置を察知し、ゴールラインを割られないように体を張ってボールを阻止する競技です。
<写真下>視覚障害者体験:クラスメートに付き添われて階段を上るアイマスクをした生徒。アイマスクをした生徒は目の見えないことの怖さを、アイマスクを付けた生徒を先導する生徒は優しい先導の仕方をそれぞれ学びました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ

保健だより

食育だより・献立表

行事予定表

学校経営方針

授業改善プラン

学校評価

学校案内

時程表

学校いじめ防止基本方針

転入生・新入生案内