ホームページへようこそ。日々、学校生活の様子をお知らせしていきますが、ご不明な点やご心配な点がありましたら、ぜひご連絡ください。

7月31日(金)【ひまわりちらし寿司・鮭の花かご焼き・会津のこづゆ・フローズンヨーグルト】

画像1 画像1
会津のこづゆは会津地方に古くから伝わる郷土料理です。汁はほんの少しでたくさんの具を楽しむものです。干し貝柱で出汁をとり、椎茸、里芋、キクラゲ、三つ葉、しらたき、豆麩は欠かせません。そこに家庭により大根、人参、栗、筍、銀杏などが入ります。祝い膳として、お祭り、結婚式、お正月だけでなく、不祝儀にも食べられる福島県民の大好物です。

7月30日(木)【ピザトースト・チキンクリームスープ】

画像1 画像1
ピザトーストは1964年に千代田区の喫茶店が考案したと言われています。高級品のピザを手軽に食べてほしいとの思いで、ピザ生地の代わりに食パンを代用したことが始まりです。チーズには疲労回復に効果的なビタミンB2が牛乳の10倍含まれています。カルシウムも10倍、たんぱく質も10倍以上含まれています。骨粗鬆症、ガンや高血圧症の予防にも効果的と言われています。本日は10倍パワーを完食しましょう!

7月29日(水)【チキンライス・トルティージャ・キャベツのスープ】

画像1 画像1
スパニッシュオムレツはスペインではトルティージャと呼ばれ、ジャガイモ、玉ねぎを炒めて塩コショウで味付けしたものが基本となる典型的な家庭料理で、日本の味噌汁に相当します。どの家庭もオリジナルの味をもっています。本日は給食のトルティージャをいただきましょう!

7月28日(火)【昆布ご飯・擬製豆腐のあんかけ・じゃがいもの味噌汁】

画像1 画像1
豆腐は大豆で作ります。栄養学的に非常に優れた植物たんぱく質と、高脂血症を予防するリノール酸やリノレン酸、そして脳の働きを良くする大豆レシチン、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルや、ビタミンB1、B2、Eをバランスよく含むスーパー健康食品です。おいしくいただきましょう!

7月22日(水)【玄米もち麦ご飯・あじの香味焼き・根菜のきんぴら・豚汁】

画像1 画像1
5月から7月にかけて旬の鯵は食べると大変に味がよいことから「あじ」と名前が付いたと言われています。食べるとおいしすぎて参ってしまうから、魚に参ると書くようになったそうです。鯵にはアラニン、グリシン、グルタミン酸やイノシン酸などのアミノ酸が豊富です。さらにEPA、DHAやタウリンが多く含まれているので動脈硬化、高血圧、脳血栓、心筋梗塞、視力低下や肝臓病の予防や治療に有効な魚と言われています。

7月21日(火)【麻婆ナス豆腐丼・スーミータン】

画像1 画像1
ナスは体を冷やす働きがあるので、昔から焼きナスにおろしショウガを添えたり、ナスの漬物に刻みショウガを添えたりしています。ナスにはビタミンCやPが多く含まれているので、血管をしなやかにし、高血圧症や血栓症の予防と改善に役立ちます。また色素のナスニンがコレステロール値を下げ動脈硬化を防ぐと言われています。

7月20日(月)【炒飯・春巻き・広東スープ】

画像1 画像1
春巻きは中国料理の天心の一つで、立春の頃に新芽を出す野菜の具を巻いて作られたことから「春巻き」と名付けられました。本日は豚肉・椎茸・筍・人参・韮・春雨・大豆など7種類の食品を炒めて巻きました。漢方では韮は体を温め、胃腸の働きを良くし、強壮作用があると言われています。硫化アリルの働きで消化促進、殺菌、消炎作用もあると言われています。

7月17日(金)【中華丼・ニラと豆腐のスープ】

画像1 画像1
中華丼はエビ、イカ、豚肉やうずらの卵など、17種類の食品と10種類の調味料で作りました。エビやイカは旨味成分のタウリンが豊富で、血中コレステロールを下げる働きがあります。また、肝機能を高め、解毒作用を強化すると言われています。

7月16日(木)【豚キムチ・春雨スープ】

画像1 画像1
キムチには美容のビタミンといわれるB2、C、Aが多く含まれています。抗酸化作用のあるベータカロテンも含まれていますので、アンチエイジング効果もあると言われています。カプサイシンも含まれており、血流を良くし新陳代謝を高め、体温を上げ、抵抗力をアップさせ脂肪燃焼効果も期待できます。

7月15日(水)【オムライス風・魚のラビゴットソース・ABCスープ】

画像1 画像1
ラビゴットソースは、野菜のみじん切りを酢や油をベースにしてドレッシングに仕立てたものです。フランス発祥の彩の良いソースをスギヤマカジキにかけて焼きました。ラビゴットとはフランス語で元気を出させるとか、回復させるという意味があります。完食して、益々元気を出しましょう!

7月14日(火)【玄米もち麦ご飯・いわしの蒲焼・梅おかか炒め・冬瓜汁】

画像1 画像1
いわしは良質のタンパク質や、骨を丈夫にする栄養素がたっぷりです。ビタミンB2も豊富です。ビタミンB2は成長を促進し細胞の再生を助け、粘膜を保護する栄養素です。健やかな皮膚、髪、つめの維持や目の疲れ予防など、目にも欠かせないビタミンです。また、EPAや頭をよくするといわれるDHAも豊富です。毎日摂りたい魚です。

7月13日(月)【枝豆ご飯・揚げ餃子・野菜のナムル・まるごとワカメスープ】

画像1 画像1
海藻は太古から日本人が食べてきた海の野菜です。わかめのぬめりにはコレステロールを下げ、降圧作用や塩分の排泄作用があります。また、わかめのクロロフィルは口臭予防、コレステロール低下作用のほか、抗がん作用もあります。

7月10日(金)【フィッシュバーガー・エノキと野菜のスープ】

画像1 画像1
えのきはキノコの中でもビタミンB1が豊富で、疲労回復に効果的です。ストレスをやわらげ、身体をリラックスさせ安眠を促進すると言われています。

7月9日(木)【玄米もち麦ご飯・生揚げと鶏肉のチリソース・春雨ソテー】

画像1 画像1
もち麦は水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含むので、腸内環境の改善に良いです。さらに抗酸化作用のあるポリフェノール、ビタミンB2や鉄分を含みます。美容にも生活習慣病の予防にも効果的です。

7月8日(水)【ジャンバラヤ・じゃがチーズオムレツ・ビーフンスープ】

画像1 画像1
ジャンバラヤはアメリカ料理で、スペイン料理のパエリアに起源があるといわれています。ケイジャンシーズニングのスパイスで簡単にアメリカ風の味が楽しめます。暑い夏にぴったりな料理です。ニンニクやたまねぎ類に含まれるアリシンはビタミンB1と結合して、疲労回復や滋養強壮に効果的と言われています。

7月7日(火)【カリカリ梅ご飯・ひまわり団子・七夕汁】

画像1 画像1
星型のナルトとハート型のナルトが入りました。星型のオクラも入っています。オクラのぬめりは食物繊維のペクチンと多糖類のムチンです。どちらも整腸作用があります。またカロテンや、カルシウム、鉄などを含み、これらの成分が総合的に働き免疫力を高め、疲労回復夏バテ防止などの効果が期待できます。

7月6日(月)【きびご飯・豚肉のジンギスカン焼き・石狩汁】

画像1 画像1
本日は北海道料理です。10種類の調味料で作ったジンギスカン焼きの味は格別です。石狩汁は鮭と野菜の具たくさん汁で、バターの風味が食欲をそそるみそ味です。鮭はピンク色ですが白身の魚です。ビタミンA・B1・B2・D・カルシウムが多く、血液をサラサラにするEPAや、脳の細胞を活性化するDHAも多く生活習慣病予防にぴったりの魚です。

7月3日(金)【夏野菜のスパゲッティ・キャベツのスープ】

画像1 画像1
夏野菜のスパゲッティはナスやトマトなど9種類の食品と10種類の調味料で作りました。ヨーロッパではトマトのある家に胃病なしと言われています。トマトの酸味が胃液の分泌を促し消化を助け、豊富なビタミンCはコラーゲンを作り血管を丈夫に保ち、カリウムは摂りすぎた塩分を排出してくれます。

7月2日(木)【プルコギ丼・トックスープ】

画像1 画像1
韓国料理のプルコギは朝鮮半島の代表的な肉料理です。「プルは火」で、「コギは肉」という意味です。主に牛肉が使われますが、給食では豚肉を使いました。豚肉には牛肉の10倍のビタミンB1が含まれています。B1は糖質の分解を助け、疲労回復に大変効果的に働きます。

7月1日(水)【タコめし・三食炒め・野菜と生揚げの煮物】

画像1 画像1
7月も感染症対策給食で、サラダや和え物の提供はありません。本日は夏至の日から数えて11日目にあたる日で、半夏生といいます。地方によってタコやサバやうどんを食べる風習があります。田植えが終わり、稲が地にしっかり根付くようにと願掛けをして、しっかり地に付いたら離れないタコを食べるようになったといわれています。高たんぱくで低カロリーのタコには、疲労回復のタウリンがたっぷり含まれています。タコめしを完食してスタミナをつけましょう!
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ

学校だより

給食だより

献立表

証明書

行事予定表

学校経営方針

いじめ問題対策方針

授業改善プラン

学力向上計画

学校評価

きまり・校則

年間行事予定表

学年だより1年

学年だより2年

学年だより3年

新型コロナウイルス関連情報

休校中の課題関連情報

SNSルール

入学案内

災害時のお知らせ