練馬区立旭丘中学校

2024/07/17 13:34 更新

《中期経営目標》

1.確かな学力向上

基礎・基本を大切にし、生徒が主体的に学ぶ授業を行い、思考力・判断力・表現力を身に付けた生徒を育成する

1)学力の向上
  教師は専門職としての自覚をもち、学習指導要領を踏まえ、常に学習指導力の向上、授業の改善・工夫を図り、
  基礎的・基本的な内容の定着等、個に応じた指導を進める。
2)研究・研修の充実
  常に研修と研鑽に励み、指導・評価の改善を図り、指導力の向上を目指す。

2.豊かな心の醸成

自他の生命を尊重し、互いに認め合える豊かな心を育成する。

1)人権教育の推進・道徳教育の充実
  全教育活動を通して、人権教育の推進と道徳教育の充実を図り、思いやりの心をもち、自他の生命や人権を尊重する
  人間性豊かな生徒を育てる
2)特別支援教育の推進
   生徒の個性や特性に基づき、個に応じた生活や学習上の困難を支援する。また、通常の学級と特別支援学級の生徒との
   交流及び共同学習、特別支援教室での支援を充実させ、一人一人への丁寧な指導を行う。

3.健康な心身の育成

安全な環境を整え、体力の向上、健康の維持増進を図るとともに、オリンピック・パラリンピック教育を推進する。

1)健康の保持増進と体力の向上
  生徒が生涯にわたって健康で過ごせるように、生活習慣を確立するとともに、生徒自ら健康の保持増進と体力の向上
  に取り組むよう指導する。
2)生活指導の徹底
   人権尊重の精神を生活指導の基本とし、生徒の安心・安全な生活と規範意識の醸成、道徳的実践力や社会性を育成する。

4.信頼される開かれた学校

家庭および地域に信頼される開かれた学校づくりを推進する。

1)特色ある教育活動の充実
  本校の歴史と伝統である特色のある教育活動に力を注ぎ、生徒が地域や学校の良さを自覚し、自信をもって生きること
  ができるようにする。また、小中一貫教育の充実を図る。
2)家庭・地域との連携
  組織的な経営体制を確立して生徒の人格完成を目指し、保護者・地域から信頼される開かれた学校づくりに取り組む。