校長あいさつ

≪≪石神井小の教育目標≫≫

  ○ よ く 考 え る 子
  ○ 思 い や り の あ る 子
  ○ 根 気 よ く や り ぬ く 子
  ◎ 元 気 な 子

HP用校長写真

   練馬区立石神井小学校
   校長 西山 守
   平成25年4月1日着任

石神井小学校は平成26年に開校140年を迎えた歴史ある学校です。南側は石神井川、北側は「東京都立石神井公園」「石神井図書館」「練馬区立ふるさと文化館」や由緒ある寺社等に隣接する、文化と豊かな自然に恵まれた環境にもあります。また、石神井公園駅の新駅舎も完成し、南口ローターリー周辺や高架下も整備中で、新たな活力も感じられます。
 本校では平成23・24年度練馬区教育研究校として「生活科・総合的な学習」を通して「地域を愛し、学び、共に生きる子供の育成」を目指し実践研究に取り組み、平成24年11月には、第21回全国小学校生活科・総合的な学習研究協議会東京大会会場校としても研究発表しました。
 研究を進めるにあたり、地域の皆様には、見学、インタビュー、ゲストティーチャーなど多大なるご支援をいただきました。改めて感謝申し上げます。今後も引き続きよろしくお願いいたします。また、平成27年度には「子供の体力向上推進優秀校」として表彰され、平成27・28年は、練馬区教育課題研究指定校として、体育科を中心に子どもたちの運動への意欲や体力の向上、健康を志向する態度の育成などを図り、平成28年11月に研究発表を行いました。
 さて、私の目指す学校像は、 ― 「和」と「活力」にあふれる学校 ― です。
 人の生きがいの中の「居がい」つまり、周囲の人々や地域・自然との温かい関わりを築いている姿や、「行きがい」つまり、自己の向上や社会への貢献のために意欲的に活動しようとしている姿を感じられる学校づくりを目指しています。この学校像に近付いていくために、職員一同、力を注いでまいります。どうぞ温かいご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。