挨拶
  第10代校長 海老原 誠

このたびは、練馬区立石神井台小学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 私は、平成27年4月1日に本校へ着任し5年目になりました、校長の海老原誠です。
 本校は、石神井公園三宝寺池から西に至る石神井台の地にあり、練馬区に残る緑や落ち着きある住宅街に囲まれた環境の中にあって、地域の方々の温かい思いに支えられた学校です。
「思いやりのある子」「すすんで学ぶ子」「さいごまでやりぬく子」「じょうぶなからだをもった子」の4つの教育目標を掲げ、児童一人一人の意欲を大事にしながら、確かな学力の定着・向上、豊かな人間性、健やかな体の育成を重点として教育活動を進めております。
昨年度は「練馬区教育委員会教育課題研究指定校」として研究の成果を発表する機会もいただき、読書活動の充実を目指してきました。
 本校の特色ある教育活動は、人権尊重の精神を培い、思いやりの心や共に生きる力をはぐくむことを目的としています。
地域に隣接する都立特別支援学校、中学校、幼稚園、保育園、高齢者福祉施設等との交流活動を続けています。
 本校は、「しゃくだい小」というニックネームで親しまれ、保護者や地域の方々のご協力により、健全育成の活動も盛んに行われており、「しゃくだい小」の子どもは石神井台の町の子どもとして育っています。
開校当時から多くの方に見守られ、保護者・地域の皆様とともに歩む学校としての教育活動を進められています。
 これからも、学校・保護者・地域の連携・協力により、心豊かで、たくましい子どもの育成を目指し、教育活動の充実に向けて努力してまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。