教育目標

共に生きる
自分と生きる  人と生きる  自然と生きる

この目標には、自分・人・自然と共に生きるという意味が込められており、
自分以外のいろいろなものと共存するという「共生の精神」を基盤においています。

キャッチフレーズ

心を開き、夢を育てる

学びの関北

 ■ 子どもに学ぶ楽しさ、学び方を教えます。
   
 ◇ 国語を中心とした言語活動の充実
 ◇ 「宝島図書館」構想の推進
 ◇ 理科教育の推進
 ◇ 外国語活動の充実  等

健康・安全の関北

 ■ 逞しい心や安全への意識を育みます。

 ◇ 新体力テストの活用
 ◇ 新スポーツの導入
 ◇ 危機管理体制の改善
 ◇ Fair Castの導入
 ◇ 学校地域合同防災訓練の計画   等

開かれた関北

 ■ 子どもの将来への夢を育みます。

 ◇ 学校評議員との協議
 ◇ 外部評価の活用
 ◇ 広報活動の充実
 ◇ ボランティアとの連携
 ◇ 「みどりの風ひろば」事業への支援  等

共生の関北

 ■ 豊かな心と多くの人との絆を育みます。

 ◇ 多くの人とかかわる交流活動の充実
 ◇ 「一人をみんなで」見守る生活指導の実践
 ◇ いじめ・児童虐待等の教育課題への対応  等

環境の関北

 ■ 潤いのある環境をつくります。

 ◇ 校庭の芝生や季節の草花の栽培活動
 ◇ 学校版ISO・4R運動の推進
 ◇ 校内掲示板の一層の活用  等


教師力・組織力の関北

 ■ 熱意・誠意・創意をもって教育します。

 ◇ 「共学・共遊・共働」の姿勢をもった教師
 ◇ 「授業のプロ」としての専門性の高い教師
 ◇ 危機意識が高く「話・輪・和」のある組織