『臨時休業中の課題』を更新しました。ご確認ください。

全校朝礼がありました!

2月3日(月)に体育館で全校朝礼がありました。
校長先生からは、節分にちなんだお話や、次年度に向けた生活の見直しなどのお話がありました。
そのあと、賞状伝達があり、多くの生徒が表彰されました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

東京都中学校駅伝大会の様子

 2月2日(日)第11回東京都中学校駅伝大会が、味の素スタジアムを会場に開催されました。本校からは、2年生の飯島君、本間君が練馬区の代表選手として出場しました。2人とも、練習で身に付けたペース配分をしっかりと守り、上位入賞に貢献する好走をしました。
画像1 画像1
画像2 画像2

意見発表会

 2月1日(土)青少年育成第一地区委員会主催の意見発表会が行われました。豊玉中、豊玉二中、開進二中の3校から9名の代表生徒それぞれが立派にスピーチしてくれました。本校の代表生徒は、2年生北岡君「思春期の醍醐味」、吉田さん「持続可能な社会の実現のために」、1年生松岡さんが「あの一歩で」を題にして、自分の思いや考えをしっかりと発表しました。発表当日まで、たくさんの準備や苦労があったと思います。代表生徒の皆さん本当にお疲れさまでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2月3日の給食です

2月3日は節分です。
今日は節分らしく、大豆入れたおこわでした。給食ではもち米とだし昆布を入れて炊飯器で炊きます。豆だけ残されることなく食べていたようです。
魚は焼いた臭いで鬼を追い払うというイワシです。衣にごまを入れた石垣揚げにしました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月31日の給食です

「東煮」とは関東の料理で、濃口醤油を使って甘辛く味付けをした料理です。今日はまぐろの角切りを揚げて甘辛いタレをからめました。
完食強化週間は一旦終了ですが、引き続き多くのクラスが配食に気を付けてよく食べてきてくれました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月30日の給食です

完食強化週間最終日です。
スープの配り方を工夫したり、減らす量を少なくしたりとそれぞれが少しずつ頑張っている様子が見られました。3日間とも完食のクラスもあり、強化週間としては終わりますが、食べ物を大切にする取り組みは継続していきたいと思います。
飲み物は、今年度2回目のセレクトドリンクです。今回の1番人気はリンゴジュースで、あとはミルクコーヒー、オレンジジュース、緑茶の順でした。給食委員がアンケート集計やドリンク配布を頑張ってくれました。


画像1 画像1
画像2 画像2

1月29日の給食です

完食強化週間の2日目です。
ごはんやごま和えを、配分を考えながら配っているクラスが多くありました。
欠席の多いクラスは苦戦していましたが、2日連続で完食したクラスも複数ありました。
画像1 画像1
画像2 画像2

給食を残さずに食べましょう!

 本校では、1月28日〜30日の間、「給食完食強化週間」に取り組んでいます。最近「フードロス」という言葉がよく聞きます。本校の給食委員会では、身近にあるフードロスをなくそうという発案から、本校の給食において完食を目指すために強化週間を設け活動しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ダンス発表会がありました!

 1月28日(火)に練馬区文化センターにおいて練馬区連合ダンス発表会が行われ、本校からは2年B組が代表として参加しました。
「友情」をテーマに、クラスが団結して作品を作ってきました。朝や放課後にも集まり、努力してきた成果を本番でもしっかり発揮することができました。写真は体育館練習での様子と、帰校後の集合写真です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月28日の給食です

八丈島でとれたトビウオを使った揚げ餃子です。
ひき肉だけで作るより、さっぱりとしておいしいです。
給食以外ではなかなか手に入らない食材ですが、好評のため今年の分は完売だそうです。次回は、来年のトビウオ漁が始まるのを待ってからになります。
今日から給食完食強化週間です。給食委員を中心に声をかけ、すべて完食の学年もありました!
画像1 画像1
画像2 画像2

1月27日の給食です

カレーに入れるお肉をタンドリーチキンにして添えました。
オーブンで焼いたタンドリーチキンのたれはカレーに入れてコクを出しました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月24日の給食です

今日から1月30日までは「全国学校給食週間」です。学校給食は、もともとは貧しくてお弁当を学校に持ってこられない子供のために始まった制度です。戦争により一時中断しますが、戦後、再開して栄養不足の子供の健康を支えました。
今は豊かになり、給食の役割も変わってきていますが、食べられることへの感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月23日の給食です

デザートは「はれひめ」というオレンジです。
はれひめは、きよみやオレンジ、みかんからいいところだけをもらってできた新品種です。給食ではなかなか出せないフルーツですが、今年は思い切って味わいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月22日の給食です

いつものサラダにゴボウチップスをトッピングしました。
ゴボウは二度揚げしたのでパリパリの食感を楽しめました。
風味もよく、食物繊維もプラスです。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月21日の給食です

「きりたんぽ」は、秋田県で昔から作られている代表的な郷土料理です。
つぶしたごはんを杉の木の棒に細長く巻き付けて、炭火などで香ばしく焼き上げた「きりたんぽ」と、比内地鶏や野菜、きのこなどを入れた鍋料理です。今では、おめでたい席に欠かせない料理の1つになっています。
給食で、は斜めに切って蒸したきりたんぽを、自分で汁に乗せながら食べました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月20日の給食です

ひじきとじゃこのふりかけで、ごはんにカルシウムと鉄分をプラスしました。
ひじきは原料の海藻を煮るときに、ステンレスの釜を使うようになり、鉄釜を使っていたころより鉄分が少なくなったと話題になりました。ですが、給食室では鉄釜で調理をするので、以前のように鉄分が多くふくまれているのではないかと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月17日の給食です

いつものポークストロガノフに、きょうは「ゴボウ」も入っています。
2年生の学年閉鎖に伴い、キャンセルできなかったゴボウを使いました。
いつもより食物繊維がUPしました。コクも出た気がして、おいしかったです。
食べて気づいた人はいませんでした!
画像1 画像1
画像2 画像2

1月16日の給食です

開二中でもインフルエンザが流行しています。
インフルエンザに効くといわれる食品はいくつかありますが、サバに多く含まれるビタミンDには免疫力を調整してインフルエンザにかかりにくくしてくれるという説もあります。
サバには良質のたんぱく質やDHAやEPAなども多く、しっかり食べると元気になれそうな食材です。
画像1 画像1
画像2 画像2

研究授業の様子(3年A組)

 1月15日(水)5校時、3年A組を対象に、特別の教科道徳の研究授業が行われました。授業者は、手塚先生です。手塚先生は、現在、東京都教師道場に所属し「特別の教科道徳」について様々な角度から研修に取り組んでいます。写真は、研究授業の様子です。研究授業後、協議会が行われ、先生方からたいへん活発な意見交換が行われ、充実した研修会となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月15日の給食です

1月15日は「小正月」です。
小正月は、お正月に忙しく働いてた女性が一息つく日とされています。
また、この日には「小豆粥」を食べる風習もあります。
小豆はその色が朱色・赤色であることから邪気を払う色であるとされており、1年間の無病息災を願うという意味があるそうです。
給食では小豆を炊いて白玉小豆にしました。
画像1 画像1
画像2 画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29