生徒会役員選挙立会演説会、投票、文化祭のスローガン発表

10月3日(水)5校時目、体育館で生徒会役員選挙立会演説会が開かれました。2年生4人、1年生3人の候補者が、それぞれ2人の応援演説者を伴って登壇。立派な学校にするためにどのような取り組みをしていくか、全校生徒や教職員に向かって演説を行いました。
演説会終了後、生徒たちは自分のクラスに戻り、教室で投票。放課後、選挙管理委員会の生徒たちが図書室で開票しました。選挙の結果、候補者7人全員が信任されました。生徒会は生徒の自治活動の柱。生徒会長は信任された7人の生徒が話し合って決めます。北町中学校を立派な学校にするために、新しい生徒会役員7人の取り組みが始まります。学校を大切にするとともに、学級や学校の一員としての自覚をもち、協力し合ってより良い校風をつくる。そして様々な集団の意義や集団の中での自分の役割と責任を自覚して集団生活の充実に努めように、全校生徒が育っていければ理想的です。
 また、立会演説会終了後、文化祭実行委員会が決定した今年度の文化祭のスローガンが演壇で発表されました。『60年の集大成 文化の結晶 ここにあり』。文化祭は11月3日(土)文化の日に行われます。お楽しみにーーー
<写真上>立会演説会の様子
<写真中>図書室で開票作業を行う選挙管理委員会の生徒たち
<写真下>立会演説会終了後、今年度の文化祭のスローガンを演題で披露する文化祭実行委員会の生徒たち
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30