準備:思いを伝えるために

 ご承知の通り、今年度の卒業式(第61回卒業証書授与式)は、3月19日(木)に新型コロナウイルス感染を予防するため、例年とは異なる簡素な形式で行われました。来賓の方々も、在校生の大部分も出席しませんでした。
 そこでなるべく多くの方々にその準備や卒業式の実際の様子を3回に分けてお送りします。今回は準備の様子です。1,2年生や教職員が卒業する3年生にいかに自分たちの思いを伝えるか。様々な工夫が凝縮されています。
<写真上>前日の登校日に、3年生の教室の装飾を行う1年生有志の女子生徒たち。黒板を使ったメッセージやお花の装飾など、とてもきれいに教室を飾ってくれました。
<写真中>1階の廊下に張られた桜の絵。花びらの1枚1枚は、1・2年生全員の書いた卒業する3年生へのメッセージが書かれています。3年生は全員に読んでほしい文章がいっぱいです。
<写真下>3年生が通常使う東階段の踊り場にある黒板に書かれたメッセージ。<「3年間の思い」を『大地讃頌』で聞かせてくれ!>⇒この言葉は先生方全員の思いを伝えるために生徒に投げられたまさに”直球”です。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

保健だより

食育だより・献立表

証明書

学校経営方針

授業改善プラン

校歌