ホームページへようこそ。日々、学校生活の様子をお知らせしていきますが、ご不明な点やご心配な点がありましたら、ぜひご連絡ください。

7月15日(水)【オムライス風・魚のラビゴットソース・ABCスープ】

画像1 画像1
ラビゴットソースは、野菜のみじん切りを酢や油をベースにしてドレッシングに仕立てたものです。フランス発祥の彩の良いソースをスギヤマカジキにかけて焼きました。ラビゴットとはフランス語で元気を出させるとか、回復させるという意味があります。完食して、益々元気を出しましょう!

7月14日(火)【玄米もち麦ご飯・いわしの蒲焼・梅おかか炒め・冬瓜汁】

画像1 画像1
いわしは良質のタンパク質や、骨を丈夫にする栄養素がたっぷりです。ビタミンB2も豊富です。ビタミンB2は成長を促進し細胞の再生を助け、粘膜を保護する栄養素です。健やかな皮膚、髪、つめの維持や目の疲れ予防など、目にも欠かせないビタミンです。また、EPAや頭をよくするといわれるDHAも豊富です。毎日摂りたい魚です。

7月13日(月)【枝豆ご飯・揚げ餃子・野菜のナムル・まるごとワカメスープ】

画像1 画像1
海藻は太古から日本人が食べてきた海の野菜です。わかめのぬめりにはコレステロールを下げ、降圧作用や塩分の排泄作用があります。また、わかめのクロロフィルは口臭予防、コレステロール低下作用のほか、抗がん作用もあります。

7月10日(金)【フィッシュバーガー・エノキと野菜のスープ】

画像1 画像1
えのきはキノコの中でもビタミンB1が豊富で、疲労回復に効果的です。ストレスをやわらげ、身体をリラックスさせ安眠を促進すると言われています。

7月9日(木)【玄米もち麦ご飯・生揚げと鶏肉のチリソース・春雨ソテー】

画像1 画像1
もち麦は水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含むので、腸内環境の改善に良いです。さらに抗酸化作用のあるポリフェノール、ビタミンB2や鉄分を含みます。美容にも生活習慣病の予防にも効果的です。

7月8日(水)【ジャンバラヤ・じゃがチーズオムレツ・ビーフンスープ】

画像1 画像1
ジャンバラヤはアメリカ料理で、スペイン料理のパエリアに起源があるといわれています。ケイジャンシーズニングのスパイスで簡単にアメリカ風の味が楽しめます。暑い夏にぴったりな料理です。ニンニクやたまねぎ類に含まれるアリシンはビタミンB1と結合して、疲労回復や滋養強壮に効果的と言われています。

7月7日(火)【カリカリ梅ご飯・ひまわり団子・七夕汁】

画像1 画像1
星型のナルトとハート型のナルトが入りました。星型のオクラも入っています。オクラのぬめりは食物繊維のペクチンと多糖類のムチンです。どちらも整腸作用があります。またカロテンや、カルシウム、鉄などを含み、これらの成分が総合的に働き免疫力を高め、疲労回復夏バテ防止などの効果が期待できます。

7月6日(月)【きびご飯・豚肉のジンギスカン焼き・石狩汁】

画像1 画像1
本日は北海道料理です。10種類の調味料で作ったジンギスカン焼きの味は格別です。石狩汁は鮭と野菜の具たくさん汁で、バターの風味が食欲をそそるみそ味です。鮭はピンク色ですが白身の魚です。ビタミンA・B1・B2・D・カルシウムが多く、血液をサラサラにするEPAや、脳の細胞を活性化するDHAも多く生活習慣病予防にぴったりの魚です。

7月3日(金)【夏野菜のスパゲッティ・キャベツのスープ】

画像1 画像1
夏野菜のスパゲッティはナスやトマトなど9種類の食品と10種類の調味料で作りました。ヨーロッパではトマトのある家に胃病なしと言われています。トマトの酸味が胃液の分泌を促し消化を助け、豊富なビタミンCはコラーゲンを作り血管を丈夫に保ち、カリウムは摂りすぎた塩分を排出してくれます。

7月2日(木)【プルコギ丼・トックスープ】

画像1 画像1
韓国料理のプルコギは朝鮮半島の代表的な肉料理です。「プルは火」で、「コギは肉」という意味です。主に牛肉が使われますが、給食では豚肉を使いました。豚肉には牛肉の10倍のビタミンB1が含まれています。B1は糖質の分解を助け、疲労回復に大変効果的に働きます。

7月1日(水)【タコめし・三食炒め・野菜と生揚げの煮物】

画像1 画像1
7月も感染症対策給食で、サラダや和え物の提供はありません。本日は夏至の日から数えて11日目にあたる日で、半夏生といいます。地方によってタコやサバやうどんを食べる風習があります。田植えが終わり、稲が地にしっかり根付くようにと願掛けをして、しっかり地に付いたら離れないタコを食べるようになったといわれています。高たんぱくで低カロリーのタコには、疲労回復のタウリンがたっぷり含まれています。タコめしを完食してスタミナをつけましょう!

6月30日(火)【ナシゴレン・ソトアヤム】

画像1 画像1
インドネシア料理の彩り鮮やかなトマト風味のご飯に、鶏がらで出汁を取った鶏肉のスープです。鶏肉は高たんぱくで低カロリーです。鶏肉の脂肪は不飽和脂肪酸が多いので血栓症予防効果があります。しかし、酸化しやすいのでカボチャ、ゴマ、ナッツ、納豆などビタミンEの多い食品と一緒に摂ると効果的です。

6月29日(月)【焼きカレーパン・ポトフ】

画像1 画像1
ポトフは火にかけた鍋という意味のフランス家庭料理です。15種類の食品や調味料で、たっぷり時間をかけて煮込みました。ベータカロテンたっぷりの人参も入りました。人参は、身体の抵抗力を高め活性酸素を抑制します。さらに、造血作用もあります。

6月26日(金)【マカロニグラタン・ポークビーンズ】

画像1 画像1
ポークビーンズには大豆も入りました。世界五大健康食品の一つです。最近注目されている大豆サポニンはコレステロールや中性脂肪を低下させます。また大豆のレシチンは血管にこびりついたコレステロールや中性脂肪を洗い流す作用があり、高血圧や動脈硬化・認知症などの予防に役立ちます。また大豆には善玉菌を増やすオリゴ糖も含まれますので便秘解消にも有効です。

6月25日(木)【子ぎづねご飯・豚汁】

画像1 画像1
牛乳には骨に含まれるカルシウムがたくさん含まれています。小学校から高校にかけて、カルシムが一番必要な時です。また、この時期にしか骨貯金ができません。生涯に渡り骨を丈夫に保つために、ぜひ牛乳を飲んで骨を健康に保ちましょう!牛乳のカルシウムが一番身体に吸収されやすいのです。

6月24日(水)【ご飯・回鍋肉】

画像1 画像1
本日は練馬区一斉練馬キャベツの日です。練馬区は緑豊かな地域です。現在も多くの農家があります。農家の方が愛情を込めて育てた野菜が季節ごとに収穫されています。練馬の野菜を練馬の子どもに食べてもらいたいと、JAや農家の方々が学校給食にご協力くださいました。皆さんに感謝しながら、地産地消の恩恵を味わいましょう。地産地消は地場産物の消費を拡大し、食糧自給の向上、地球の温暖化防止にも寄与します。

6月23日(火)【キムチチャーハン・広東スープ】

画像1 画像1
キムチは世界五大健康食品の一つに認定されています。
2006年3月に米国の健康専門誌ヘルスが健康に優れた効果があるとして韓国のキムチ、日本の大豆、スペインのオリーブオイル、ギリシャのヨーグルト、インドのレンズ豆を、世界五大健康食品に定めました。キムチの乳酸菌は腸内のの善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。キムチの乳酸菌は生きたまま腸に届く優れた発酵食品です。便秘予防に美肌効果に免疫力アップと良いことずくしのキムチチャーハンを完食しましょう!

6月22日(月)【ご飯・チンジャオロース】

画像1 画像1
チンジャオロースは豚肉とピーマンの千切り炒めです。中国料理です。豚肉には疲労回復のビタミンB1が牛肉の10倍含まれています。アリシンを多く含む玉葱やにんにく、ニラなどと組み合わせるとビタミンB1の吸収が5〜6倍に高まります。

6月19日(金)【鰹と生姜の混ぜご飯・韓国風肉じゃが】

画像1 画像1
今日は鰹と生姜の混ぜご飯と韓国風肉じゃがです。また、今日は入学式です。1年生の皆さん、保護者の皆様、おめでとうございます。

6月18日(木)【ご飯・四川豆腐】

画像1 画像1
本日は四川豆腐をご飯にのせた中華丼風メニューです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ

学校だより

給食だより

献立表

証明書

行事予定表

学校経営方針

授業改善プラン

学力向上計画

学校評価

年間行事予定表

学年だより1年

学年だより2年

学年だより3年

緊急連絡

新型コロナウイルス関連情報

休校中の課題関連情報