校長挨拶

 

練馬区立田柄中学校
  校長 宮古 登


 本年度は生徒数475名(13学級)でスタートしました。明るく元気な挨拶が飛び交う学校、そして学ぶ喜びに満ちあふれる学校にしていきたいと思います。皆様のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。


本校ホームページをご覧いただきありがとうございます。私は、このホームページを、本校の「情報発信の場」として位置づけています。たくさんの方々にご覧いたただき、本校へのご理解を深めていただければと思います。


〈本校の紹介〉

本校は、昭和35年4月1日、区内16番目の中学校として開校いたしました。開校に当たっては、近隣町会の代表の方々により田柄中学校協賛会が設立され、土地の確保や施設設備の充実のために多大なご尽力を賜りました。正に田柄中学校は地域の方々の並々ならぬご厚意とご支援の結晶として開校したのです。開校当時の教育目標には、「「開拓」の二文字を以て終始一貫し、素直にして、しかもうちに不撓不屈の魂を錬成する。」とあります。校歌にも歌われる「開拓」「創造」「勤労」が田柄中学校の精神であり田柄中学校の教育の土台として今尚息づいています。


また、本校の卒業生は、在校中、文化・スポーツにおいて様々な栄光の足跡を残され、現在は社会の一線で活躍されている方も大勢いらっしゃいます。また、多くの同窓生がこの田柄の地域に今も在住し、母校を支えてくれています。その歴史と実績の上に、現在の落ち着きのある安定した学校に発展してきました。
生徒たちは、本校の生徒であることに自信と誇りを持ち、明るく前向きで何事にも真剣に真面目に取り組んでいます。今後とも地域との連携を深めながら、知・徳・体のバランスのとれた教育活動の推進に努めたいと考えておりますのでよろしくお願いします。